スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不老長寿の妙薬・瓊玉膏(けいぎょくこう)

今回は、瓊玉膏という中国で漢方の歴史医療上、最も古く、しかも内容が正確で現代科学の目でみても驚くほど充実した内容をもっている漢方を紹介します。

瓊玉膏は、自分の持っている肉体的な素材、たとえば肌、胃腸、肝臓、心臓といった臓器が日頃十分に生かされていないとき、いうなれば食べ物のバランスの乱れやストレス、過労などで身体に狂いが生じたとき、これを素早く元に戻し、素材を十分に生かす働きをするものです。

つまり、病気を治すことと、肉体に新たな病気を引き起こさないようにコントロールしておく作用と、老化を防ぐものであるといえます。

瓊玉膏は東医宝鑑(1613年に刊行された医書)の「養生と長寿に効果のある薬」の第一番目に紹介されている処方で、原文を引用すると「填(てん)精(せい)、補髄、調真、養性、」若返って少年のようになる、百損を補い、百病を除去する、精神と神経が共に足り、五臓は充ちあふれ、白髪さえ黒くなり、落ち歯が再び生えそろって、奔馬(ほんば)の如くかけまわる。

一日二、三回服用をすれば飢えと渇きを知らず、その効果たるや言い尽くせず、一料分(一剤)の五倍で中風、脳溢血の五人の患者を治し、一料分の十倍で十人の肺患を治すとあります。

東医宝鑑の著者許凌(ほ・じゅん)が強調したのはこの薬は生気を出させ、五臓全体を強くし、血を増し、白髪さえ黒くし、老いを返して若返る薬で、しかも、身体は軽くなり千里馬のように飛べる人間になると言っているのです。
一方中国では、一切の疲労(体が弱って疲れやすく、十分な睡眠をとっても取れない疲れのある状態)に用いられているようで、老人性のカラゼキが出る人、老人性のゼンソクの人、老人で皮膚のかゆい人、声の出にくい人、糖尿病で口がよく乾く人、皮膚に化膿したおできの出来やすい人、過度な疲労が抜けない人などにすみやかな効果があるといっています。

瓊玉膏は永遠に生き、死なない薬ではなく、天寿が全う出来るまで、元気で生活できることを約束してくれるものだといえます。

日頃の生活の中で、いかに病気にならないかは、その人の心がけ一つといえます。

不老長寿の妙薬・瓊(けい)玉(ぎょく)膏(こう)
著者 久保道徳先生より

株式会社三輪商事 
専務取締役 間山 斉
keigyoku-t.jpg

スポンサーサイト

田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その9

肝心要の優れもの 田七人参で元気になる!

今回は医学雑誌に載せられた、四谷西華クリニック院長で医学博士の新井基夫先生のお話をご紹介させて頂きます。

季節を問わずアルコールが災いし、患者さんの中には、肝機能が悪化しかけている人も見かけます。他の部分に歪みが生じ、実際、からだに現れているケースもたくさんあります。その症状としては、アルコールや疲れが翌日まで残る場合やあごの付け根や鼻の頭などが赤く、細い血管が広がって見えたり(くも状血管腫)、手のひらがまだら状に赤くなる(手掌紅班)ケースも見られます。問題は、高脂血症や動脈硬化などを伴う場合、脳卒中や心筋梗塞の危険性が高まる点です。いずれにせよ、アルコールや疲れが抜けにくいのは、肝機能との関連が疑われ、その他の症状は、血液や血管・心臓における異常との関連が疑われます。

さて、肝機能が悪くなりかけている方には、食生活の注意に加え肝臓+αによいとされている素材が勧められるでしょう。その代表的なものが、田七人参です。アルコール性肝機能障害や脂肪肝など、肝機能障害に田七人参を用いると肝機能を表す数値が改善され、心筋に血液を送る冠動脈を拡張し心臓の機能維持も助けてくれます。更に、血中のコレステロールや血糖値を改善するなど生活習慣病に対する作用もあります。しかも血液をサラサラと流れやすくすることに加え血管内で血が固まるのを予防し、すでにできてしまった血の塊の除去を助けたり、出血した場合には速やかに止血するなどの作用もあります。

以上から田七人参は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、眼底出血などの予防や打撲など内出血にも用いられます。もちろん田七人参という名の通り薬用人参の仲間として長く摂取する事で、からだを疲れにくくするなど、わたしたちを元気にしてくれるのです。いずれにせよ栄養素の代謝、アルコール、薬剤、老廃物などの解毒など肝臓のもつ機能が十分に発揮されるには、血液が正常に働くことが重要といえるでしょう。その血液は心臓の働きによって、全身を巡っていることは周知の事実あり、田七人参は肝臓、血液、心臓の機能を整え、活性化する確かな働きを示してくれるだけに、からだ全身を整える上からも合理的な素材であり、まさに肝心要の優れものといえます。

無題denn

月刊寿より医学博士 新井基夫先生 引用
株式会社三輪商事 専務取締役 間山 斉


田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その8

すばらしい田七の食養効果

中国には、昔から医は食なりという考え方があります。すなわち、健康な体を維持するには毎日食べる食物が大切で、このため中国の人々は、加工された食品ではなく、なるべく自然のままの食品を毎日の食生活にとり入れる工夫をよくします。

世界中の美食家たちに喜ばれている中国料理の中にも、こうした中国人たちの考え方が十分に生かされているといってもよいでしょう。
ところで、雲南中医学院(昆明市にある漢方専門の医科大学)の李元穣助教授は「田七は薬性がおだやかで、毒性が含まないのが特徴で、根をそのまま乾燥させて薬剤として使う “生”(しょう)とこれを蒸して加工する“熟”(じゅく)という二つの利用法がある。生は外傷による出血または内出血の止血のほか、癒合(ゆごう)(傷口がふさがる)鎮静に対して特に効果があり、瘀(お)血(けつ)(血の流れの滞り)血便、胃潰瘍、産後の出血、打撲傷などに有効であり、一方熟は補血(ほけつ)(血を補う)栄養・強壮剤としてすばらしい効果を発揮する」と語り、田七の使い分けについて詳しく述べています。

とくに田七を熟として用いる方法で田七なべがあります。田七なべは田七と鶏肉の相乗効果によって滋養強壮効果がある料理として、中国に人々に愛用されているそうです。

[食用効果]
・中高年齢者に対して、血中脂質の代謝障害の改善、血管硬化、コレステロール過多、高血圧、心不全、狭心症など。
・婦女子の場合は月経期、産後の健康回復に役立つ。
・児童、青少年は体力の増強、発育促進、虚弱児の体質強化。
・筋肉労働者、頭脳労働者の場合は仕事の疲労による食欲不振、体力の増強、精神の安定と充実に有効。
・その他、闘病中の栄養補給、身体衰弱と貧血、胃痛、寝汗、手術の前後、打ち身なだの改善に役立つ。

日中医学協会員・医師
 今泉英明先生 研修会資料より
株式会社三輪商事 専務取締役 間山 斉

田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その7

滋養強壮、虚弱体質の改善に、妊婦・スポーツ選手に幅広い用途

田七が、滋養・強壮に非常に効果があることが古くから知られています。
昔、北京に近いある寒村に、非常に体の弱い俊英という子供がいました。俊英は同じくらいの年頃の子供とは遊べず、いつも家の中でじっとしている子でした。
心配した父親の高は、「どうにかならぬものか」とそれはそれは心配していたそうです。そんなある日、南から来たという旅の僧に一夜のもてなしをしたのです。翌朝、その僧は礼を言いながら「あんたは子供の事を大変心配しているようじゃが、これを煮込みの中に入れて食べさせてやるとよい」といって、ゴボウを輪切りにしたような植物を渡したのです。
旅の僧が帰って、さっそくそれを煮込みの中に入れ俊英に食べさせました。すると俊英の顔色はみるみるうちに紅をさし、それ以来俊英は普通の子供に負けない元気な子供になったということです。
まさに高に渡された、“ゴボウ”こそ、田七だったのです。
このように田七には虚弱体質の人間には非常に効果のあるもので、とくに成長期の子供に対しては発育促進を行うということです。
これは、田七は鉄分の含有量が多いため、虚弱体質の人の鉄分代謝を高めて血液の量を増やすとともに、強壮、強心作用が期待できるからなのです。
このため、虚弱体質の人をはじめ、産前、産後の造血にも効果があり、また中国では重量上げや長・中距離ランナー、水泳、バレーボールなど、持久力を必要とする運動選手に対して、この田七の投与を試みているといわれていますが、中国選手の活躍ぶりをみてもよく分かります。

日中医学協会員・医師
 今泉英明先生 研修会資料より

株式会社三輪商事 専務取締役 間山 斉

田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その6

脂肪代謝を活発にし、肥満を解消!

 近年アメリカでは、肥満者は採用しないという、厳しい肥満者締め出し策を打ち出している会社が続出しているということです。
 もちろんこれは極端な例ですが、たしかに肥満者が会社の重要ポストにつけなくなっているということは事実のようです。理由は簡単です。肥満者は会社の激務に耐えられないからだというのが本当の理由です。

 日本の場合のエリートたちはどうでしょうか。日本の場合はアメリカの男性ほど深刻に受け止めていないようですが、しかし、こと肥満に関する限り、女性のほうが関心度が高いようです。
 肩がこる、頭が痛い、腰が痛む、便秘がちだ、化粧のりが悪い・・・など、これが肥満者の共通した訴えです。
 肥満の怖さは、むしろこのあとにくる各種の成人病がおそろしいのです。ですから、男女を問わず、こうした症状がみえたら、成人病の先駆症状と考えることもよいでしょう。

 肥満の原因、これは今更いうまでもありません。過食、運動不足、塩分や糖分のとりすぎによる血液の瘀血が最大の原因です。つまり食べたものが体内で完全に燃焼せず、コレステロールをはじめ、多くの有害物質が残留してしまうために肥満になるのだと考えられています。

 ところで、先に肥満に苦しむアメリカ人のことについてふれましたが、現在、アメリカでは、肥満解消のための秘策として田七の研究が盛んに行われています。
 その研究の結果、田七には、脂肪代謝を速やかに行う作用があり、この代謝によって、心臓から動脈血管へ血液を送って血行障害、つまり瘀血の除去に役立つ作用をもっているとうことです。

 また、田七は血液の改善をはかることによって体内の脂肪代謝を活発にし、皮下脂肪としての脂肪の沈着を予防し、かつ太りすぎを予防、改善していくという働きをもっています。

 さらにアメリカの研究では、田七の効用について次のようにのべています。田七の効果は、肥満を減少させるのは、脂肪を減少させることで、筋肉を低下させることを示しているわけではない。いわゆる太っている人が田七を服用すれば、体重を軽減させることができ、しかも筋肉をひきしめる働きをする。また、やせた人が田七を服用すれば、精神がイキイキし、筋肉がつき力もつくということです。
kanpo6.jpg

日中医学協会員・医師 今泉英明先生 研修会資料より

株式会社三輪商事
専務取締役 間山 斉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。