スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の漢方薬の産まれたきっかけ

漢方シリーズとして今回は、日本の漢方薬の産まれたきっかけをお話をさせて頂きます。

漢方と漢方薬

「漢方」とは、中国から日本に伝えられた中国伝統医学の日本での呼び方です。奈良時代に日本へ伝えられた中国医学は日本の風土に合わせて独自で発展し、「漢方」と呼ばれるようになりました。漢方医学と言えば「漢方薬」が有名ですが、鍼(はり)や灸(きゅう)で治療を行う「鍼灸(しんきゅう)」も漢方医学のひとつです。

漢方医学で使用する薬が漢方薬です。漢方薬が生まれた時代には、薬として使用できるのは「生薬」と呼ばれる自然の資源のみで、草、木の皮や根、実、種、動物の体の一部や貝殻、石(化石)などを使う知識が発達しました。

漢方薬は、漢方医学の考え方にもとづいてこれらの生薬を組み合わせたもので、「傷(しょう)寒論(かんろん)」や「金匱(きんき)要略(ようりゃく)」など漢方薬の古典に紹介されているものを、特に「漢方薬」と呼んでよいと決めています。

ドクダミやゲンノショウコなど、健康茶などとして親しまれている薬草は「民間薬」と呼び、漢方薬とは区別しています。

参考文献 日本東洋医学会学術教育委員会編「入門漢方医学」

(株)三輪商事 専務取締役 間山 斉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。