スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方薬と民間薬のちがい

毎年11月23日に日本各地で盛大に「神農祭(しんのうさい) 」が行われます。中国の伝説上の人物である神農は、現在では「商売の神様 」「薬の神様」また「農業の神様」として祭られています。

神農は一日に百草をなめて70回当たり、そこから薬の効能を発見したといわれています。動物は病気になると本能的に野生の草を食べることがありますが、古代の人々も初めは本能的に、それから次第に経験を集めて整理して、いろいろな薬草を見つけてきたのです。

さて、一般にゲンノショウコ、センブリ、ドクダミなども 漢方薬であると勘違いされる方が多いと思いますが、漢方薬と民間薬には大きな違いがあります。

その1つ目は 漢方薬 は数種類の生薬を組み合わせて用いられます。処方は原典とされる「漢方の医学書」の基準にしたがって配合され、薬用量も規定されています。一方、 民間薬 の場合は、例えばゲンノショウコが下痢によく効くとか、ドクダミの生の葉の絞り汁を患部につけると化膿がとれるなどと、昔から民間に伝承された使い方で、たいていは一種類の薬草を用いることが多いのです。

2つ目は、民間薬はひとつの病名や症状を対象に薬を使用していきますが、漢方薬の場合は「 証(しょう)」といわれるいくつかの症候群を対象にして薬を選定します。

効果は、漢方薬は正確な効果があり、民間薬は漠然とした効果があると言われています。
証とは、本人が訴える症状(自覚症状)や検査や診察によって分かる状態(他覚的所見)、体格、その人の個人的な特徴(性格など)を総合的に判断して得られるのが「証(しょう)」という漢方独特の見立てです。
したがって同じ症状でも、自分の証とその人の証が違えば、当然、処方される漢方薬も違ってきます。

自分が服用している漢方薬をほかの人に飲んでもらうことができないのは、こういった理由からです。
漢方薬は数千年という長い年月をかけておこなわれた治療経験により、その効果や安全性が裏付けられた薬です。一方、民間薬は、先人から受け継がれてきた生活の知恵で、医学的に認められている訳でなく、日本では食品の一つとされています。

参考文献 小太郎漢方製薬

(株)三輪商事 専務取締役 間山 斉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。