スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その5

 今回は年々増加しているコレステロールや血中脂質を改善し高血圧や動脈硬化を予防、治療について紹介します。

 高血圧の原因となる因子にはいろいろあります。
 
 たとえば、両親が高血圧の場合は、その子供に六割、片親の場合は三~四割が子供に遺伝するという遺伝的要素や、外気の急激な変化によっても高血圧になることがあります。

 一方、高血圧の原因として考えられているものに食事があります。食塩の摂りすぎや、食べ過ぎによる肥満、あるいは酒、タバコ、コーヒーなども高血圧を誘発する原因になるといわれています。

 一般に高血圧とは、最高血圧が140以上、最低血圧が90以上の場合をいいますが、ふつう年齢に90をプラスした数値を平常血圧といってもよいでしょう。

 しかし、70歳の人が年齢プラス90で、 160が平常血圧とはいいませんし、40歳以下の場合も、40歳以上の場合も140を超えたら高血圧と考えるべきでしょう。

 高血圧の初期症状としては、肩が凝ったり、頭痛、不眠、耳鳴り、目まい、のぼせ、手足の冷え、しびれ、便秘などで悩ませることが多くなりますので、このような症状が出てきた場合は、まず高血圧かなと疑ってみる必要があるでしょう。

 一度高血圧になると、なかなかもとに戻りません。ですからふだんからなるべく高血圧にならないように食事や太りすぎには注意をしておくことが大切ですが、田七ケトンという成分が、この高血圧の予防や治療に大変役立っていることが中国の医学者らによって報告されています。

 つまり田七の成分である田七ケトンが冠状動脈を拡張させ、冠状動脈の血液の流れを増大させることによって、血圧を下げるというのです。

 また、高血圧と動脈硬化の関係は非常に密接で動脈硬化症の原因は、動脈が遺伝的素因または年齢、伝染病、代謝病などによって、血管が古いゴム管のようにモロクなり、やがて脳出血や脳軟症などに発展していきます。
 田七は、こうした動脈硬化を起こすコレステロール過多、ならびに血中脂質アンバランスを改善する性質があるというのです。

 これは、田七が毛細血管の通透性を低下させ、毛細血管の抗力を増大させるとともに、コレステロールの過度の沈着を改善する働きを持っているからです。

日中医学協会員・医師 今泉英明先生 
研修会資料より

㈱三輪商事 専務取締役 間山 斉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。