スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者のためのチーム医療をめざして


去る6月11日土曜日、弘前市内にて、看護職者の教育力開発支援センター・現職者支援部門 主催による
シンポジウム「患者指導スキル向上のための社会資源の活用と患者指導システムの構築-患者のためのチーム医療をめざして-」が開催されました。

このシンポジウムに当薬局中央通り店、本田管理薬剤師がシンポジストとして参加いたしました。

本田薬剤師は、「インタープロフェッショナルワーク-薬剤師の立場から-」と言う演題で講演し、当社が取り組んでいる薬局とグループホームのチーム医療について紹介して下さいました。

その他の講演者の講演内容をご紹介すると、
「患者指導の実際と問題点-看護師の立場から-」
「インタープロフェッショナルワーク-管理栄養士の立場から-」
「インタープロフェッショナルワーク-ケアマネージャー・訪問看護師の立場から-」
が話されました。

その後、参加者との活発なディスカッションが行われ、患者のためのチーム医療について真剣な意見交換がなされたと思います。

このようなシンポジウムに当社が参加させて頂いたことは非常に貴重な経験であり、「薬局」と「介護」をトータルケアサービスと考え、その充実を目指すことを念頭に、地域の人々の心とからだの健康に貢献したいという当社の経営理念を再認識すると共に、今後これに向かって益々邁進して行かなければならないと思いました。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

50代、60代の合格者続出!!

仕事、家事、親の看病で勉強するヒマもなかった主婦でもたった2週間でケアマネ試験にラクラク一発合格した勉強法をお教えします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。