スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田七人参(でんしちにんじん)の効能効果その9

肝心要の優れもの 田七人参で元気になる!

今回は医学雑誌に載せられた、四谷西華クリニック院長で医学博士の新井基夫先生のお話をご紹介させて頂きます。

季節を問わずアルコールが災いし、患者さんの中には、肝機能が悪化しかけている人も見かけます。他の部分に歪みが生じ、実際、からだに現れているケースもたくさんあります。その症状としては、アルコールや疲れが翌日まで残る場合やあごの付け根や鼻の頭などが赤く、細い血管が広がって見えたり(くも状血管腫)、手のひらがまだら状に赤くなる(手掌紅班)ケースも見られます。問題は、高脂血症や動脈硬化などを伴う場合、脳卒中や心筋梗塞の危険性が高まる点です。いずれにせよ、アルコールや疲れが抜けにくいのは、肝機能との関連が疑われ、その他の症状は、血液や血管・心臓における異常との関連が疑われます。

さて、肝機能が悪くなりかけている方には、食生活の注意に加え肝臓+αによいとされている素材が勧められるでしょう。その代表的なものが、田七人参です。アルコール性肝機能障害や脂肪肝など、肝機能障害に田七人参を用いると肝機能を表す数値が改善され、心筋に血液を送る冠動脈を拡張し心臓の機能維持も助けてくれます。更に、血中のコレステロールや血糖値を改善するなど生活習慣病に対する作用もあります。しかも血液をサラサラと流れやすくすることに加え血管内で血が固まるのを予防し、すでにできてしまった血の塊の除去を助けたり、出血した場合には速やかに止血するなどの作用もあります。

以上から田七人参は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、眼底出血などの予防や打撲など内出血にも用いられます。もちろん田七人参という名の通り薬用人参の仲間として長く摂取する事で、からだを疲れにくくするなど、わたしたちを元気にしてくれるのです。いずれにせよ栄養素の代謝、アルコール、薬剤、老廃物などの解毒など肝臓のもつ機能が十分に発揮されるには、血液が正常に働くことが重要といえるでしょう。その血液は心臓の働きによって、全身を巡っていることは周知の事実あり、田七人参は肝臓、血液、心臓の機能を整え、活性化する確かな働きを示してくれるだけに、からだ全身を整える上からも合理的な素材であり、まさに肝心要の優れものといえます。

無題denn

月刊寿より医学博士 新井基夫先生 引用
株式会社三輪商事 専務取締役 間山 斉


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。